くらのすけ調べ

東京大学の学部4年生。適当な母集団で調査などを行う。twitter: @sanposystem

第1回 嫌いになった企業ランキング 集計結果発表【その②】

こんにちは、くらのすけです。

先月就活を終えた19卒です。

 

この記事は、以前Twitter(@sanposystem)の方で集計した

【就活を経て嫌いになった企業ランキング アンケート】

の集計結果発表の後編です。

詳しい集計手順等については前の記事に記載しておりますので、そちらをご確認ください。

 

↓今回集計したデータは以下の4つにまとめました。

①就職活動のストレスレベルのグラフ →【その①】で発表

②嫌いになった企業ランキング    →【その①】で発表

③企業別 嫌いになった理由

④有害だと感じた就活支援サイトランキング

今回は残りの③と④を発表していきたいと思います!!!

 

③に関しては非常に皆さんからの熱い熱い意見を頂戴することができ、とても読み応えのあるものになりました。

集計してみたら、なんとPDF29ページに達しました。

しっかり集まってやがる。

集計に当たっては、皆さんの生の声を尊重し、どんな誹謗中傷でもそのまま無加工で掲載させていただいております。(最高にロックでした)

 

さっそく見ていきましょう!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

【企業別 嫌いになった理由】

 

(五十音順。回答総数1282。企業数659社)

 

 

就活が生み出した憎悪、涙、悔恨、嫌悪、憤怒、怨念が

結晶となった瞬間である。

激情は就活生一人一人が言葉を紡いだことで、形となった。そして結晶とは、集まることでより安定化し大きく成長するものである。結晶が、今ここに実を結んだのである。

 

 

とてもひとつひとつ纏められるほどの量ではないので、概括したいと思います。

嫌いになった理由で多かったのは

・選考が不鮮明である、選考でないと見せかけての選考

・面接官の態度が悪い、学生を舐めている

圧迫面接、面接官が高圧的

・サイレントお祈りされた

が挙げられます。そのほか、オワハラや男尊女卑などもちらほら。

正直、想像以上でした。

 

 

学生と企業の立場が非対称であることに不満を感じた方が多かったように思われます。

「学生側も我々を選んでもらうつもりで」「学生と対等な立場で」

といった言葉は就活中幾度も耳にしますが、その実態は……ゲフンゲフンゲフン!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

続きまして。

有害だと感じた就活サイトランキング

 

f:id:KuranosukeSSK:20180711122743j:plain

(2票以上獲得したサイト。複数回答可。回答総数1575)

 

またもや一位はリクルート!!!!!!!(知ってた)

リクルートが2冠に輝きました。

しかし2位のマイナビが肉薄。世界一どうでもいいデッドヒートでした。

「大量エントリーを助長するサイト」が有害であると認識されているようです。

 

3位のみん就は、企業ごとに開かれている就活生用の掲示板が特徴のサイトですが、周囲からも「有害極まりない」という声は聞こえておりました。(「みん就はカス」など)

 

「特になし」は「就活サイトは善である」という強い意志を感じたため無投票扱いにせず、敢えてランクインさせました。(戦争だ)

 

というか、就活サイトや就活サービスってこんなに多いんですね……

1票だけのものを含めると、43もの就活サイト、サービスが票を得ていました。

目的や就活生の属性に応じて細分化されまくっているようですね。やれやれって感じですが、自分に適したものを選んでいくしかなさそうですね。

 

 

という訳で、以上が

【就活を経て嫌いになった企業ランキング アンケート】

の集計結果となります!!

アンケート回答やツイートを拡散してくださった皆様、ご協力ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!

 

(後日、アンケート集計の経緯や後日談、筆者くらのすけの個人的な話などをちょっとした記事にする予定です。よろしければそちらも目を通していただけると幸いです。)